ご寄付のお願い

実施していたクラウドファンディングがおかげさまで目標額を達成しました。

下記リンクから詳細をご覧ください。

http://readyfor.jp/projects/2016a02b14

 

これによって、専従者が事実上のタダ働きになってしまっている事態は解決しませんが、少なくとも二つのプロジェクトを当面行っていけることにはなりました。
今後は、当事者のよい意味での素人性を維持しつつ、経済的に持続可能な体制を作っていくことが大切だと思っています。