従業員と雇用主のニーズ

先日、山梨に来られた飯野雄治さんから教えてもらったのがこちら↓

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター研究部門ホームページ
カスタマイズ就業についてネットにアクセスできる人なら誰でも閲覧できる資料です。
それにしてもホームページのタイトルがやたら長いです……

カスタマイズ就業は、元々アメリカで障害者雇用のために開発されてきた経緯があります。
しかし上記の資料の「カスタマイズ就業とは、従業員と雇用主の雇用関係を、双方のニーズを満たす方法で個別化することを意味する」という記述を見れば、障害者雇用に限定されない、働くことの壁を乗り越えるための方法にもなりうるのではないかと永嶋には思えます。


[ 従業員と雇用主のニーズ ]未分類2016/03/31 23:30