インテンショナルピアサポート

インテンショナルピアサポートin山梨の告知ページ

2月3日に行われる「インテンショナルピアサポートin山梨」
定員20名のところ残席が4となりました。

私ナガシマが初めて東京大学内で毎月行われているIPSの勉強会に出た時、独特の雰囲気(心地よい、しかし他にはない独特な)に「これは一体なんだろう」と興味をおぼえました。

当時、私はひきこもり状態を脱して、外に出て家族会のボランティアをはじめた頃でした。
ひきこもり支援をしたいと望む支援者から支援対象というレッテルを貼られて、(ありがたい支援をしていただく一方で)正直、善意の押し売りではないかと思うような支援をされてしまうこともあり、それを我慢しながらも、心の中に何か釈然としない思いを抱いていた時期でした。

支援対象というレッテルを貼られない安心感。
IPS勉強会で強く感じたことを、なんとか言葉にするなら、こういうことなのかもしれません。

文・ナガシマ


[ インテンショナルピアサポート ]イベント2018/01/17 23:54